首の後ろから両肩にかけて、鈍い痛みが慢性的にあります。


仕事で毎日5時間以上はパソコンを使うので、それが原因で慢性的に肩こりがあります。同じ姿勢で長時間、しかも目も酷使しているので、首も肩も夕方頃にはかたまったみたいになります。寒い季節は特にひどくて、首の痛みと肩の痛みとがピークになってくると、だんだん腕から手のひらまでの感覚もあまりなくなってきてしまいます。

 

事務の仕事を始めて数年は、パソコンの作業が多くてもそれほど肩や首もは凝らず、疲れも気にならなかったのですが、最近は運動不足で血の巡りもよくないのか、疲れがまさに目、肩、腰、そして首に来て、それが全然おさまらず、自己流のストレッチや家族がしてくれる肩もみマッサージ程度では改善しきれなくなってきました。

 

最近はパソコン以外にスマホを使用する時間も日増しに増え、スマホの場合はさらに、同じ姿勢で、一点ばかり見つめて、手先だけしか動かさないという肩こりに直結するような行動ばかりなので、自業自得ですが肩こりはさらに進みそうです。

 

肩凝りといえば、妊婦さんにもよくある話ですよね。妊婦さんが飲むべき葉酸サプリの中には人気のものがたくさんあります。
ベルタ葉酸VSララリバブリック葉酸サプリ、比較してみるとどちらのほうが良いのでしょうか。

マッサージ、岩盤浴など


とにかく血の巡りが悪いような感覚があり、自分でもんだり押さえたりしても痛覚が鈍っているような感じなので、まずは運動する機会を増やして血行の促進を目指す。パソコン作業が立て込んでも何時間かおきにはストレッチをして凝り固まった筋肉をほぐすように気をつけたい。

 

時々通っている整体でも、これまでは骨盤矯正がメインだったが、これからは首や肩、合わせて腰も調子を整えてもらえるように相談していく。

 

痛みがひどい時は、時間を見つけて岩盤浴なども利用して、体の中から筋肉を温めて凝りをほぐす努力をしたい。

 

市販の「小豆のチカラ」や「めぐリズム」といったじわっと温める系のグッズも効果はあなどれない、と評判を聞くので、マッサージや岩盤浴にいく時間的なゆとりがどうしてもないときには、それらの力も上手く取り入れて、いま以上に首のこり、肩のこり、鈍い痛みが少しでも改善されるよう工夫してみたい。

 

日常の動きではなかなか動かせない肩まわりの筋肉を、もっともっと使っていきたい。

関連する記事はこちら♪

更新履歴